感動のメッセージは声で伝えよう 次は君の出番だ!
札幌校の場所 札幌校のレッスン  札幌校の講師  札幌校の特徴 札幌校の実績
地方から声優になるにはどうするの
 
力をつけてから東京に行こう

北海道に住んでいるのに声優になれるの?こんな質問をよく受けます。
いつも、
「声優にはなれるけど、声優はできません」と答えます。
あらかじめ断っておきますが、ここで言う「声優」とは、狭い意味での声優です。つまり、映画の吹き替えやアニメのアテレコの仕事をする人を「声優」としています。「声」の俳「優」という意味です。

まず、「声優にはなれる」ということはどういうことでしょう。
これは、「声優として活躍できるだけの演技力や技術力は、東京にいても地方にいても身につけることができる」ということです。
声優の基礎、というより、喋りの基礎、演技の基礎は、東京と地方で違うわけはありません。全く同じです。ですから、これから声優を目指す人は無理して東京に出て行かないで、
地元の養成所等で基礎を身につければいいのです。
地元のほうが経済的な問題など、なにかと条件がいい場合が多いのです。こんな時は、ためらわず地元の養成所に通うことをお薦めします。

では、「声優はできない」というのはどういうことでしょう。
これは、「声優の仕事は無い」ということです。
地方はアニメのアテレコや映画の吹き替え、TVなどのボイスオーバーの仕事はほとんどありません。これらの仕事は東京に集中しています。つまり、いくら声優としての才能、技量を持っていても、
地方では「宝の持ち腐れ」になってしまうのです。声優をするには、東京に出ないとだめなのです。
もちろん、東京近郊だと通うことも可能ですが、ちょっと離れると、交通費などを考えると現実的ではありません。

それでは、いつ、どのタイミングで東京に出たらいいのでしょうか。
これについては、簡単には説明できません。個人個人の環境によって違ってくるからです。
ここでは、
「CHK声優センターの場合は」ということでお話しましょう。
CHK声優センターでレッスンを受けて声優デビューするには、最終的には東京校に転校し、レッスンを受けながら番組オーディションなどに挑戦し、チャンスをつかむ。ということになります。
ですからCHK声優センターの場合は、「地方で基礎を身につける」「選考会や様々な所内コンテストで実績を積む」「東京校に転校する」「番組オーディションを受ける」「声優デビューする」ということになります。

ここで多いのが「東京校に転校したら制作オーディションを受けられる」という大きな勘違いです。
実際、札幌校からもこれまで何人かが東京校に転校しています。でも、東京校=オーディションを受けられる、ではないのです。
オーディションは
東京校にある特別クラスへの進級が認められて初めて実現するのです。
このクラスは、レッスンを受ける場でもあり、プロダクション的な役割も持っています。東京校にいようと地方にいようと、まずはそのクラスに入るのが先決なのです。この難関を突破できたら
夢の実現まであと一歩です。

CHK声優センターでは、このように地方にいながら声優への扉に直結しているシステムを作り上げてみなさんのチャレンジを待っています。ここがCHKの大きな特徴、メリットと言ってもいいでしょう。
Home
CHK声優センター札幌校 運営協力 
有限会社イーヴォイス
060-0062 札幌市中央区南2条西5丁目6-1